DEATH NOTE好きすぎな管理人のブログです。 デスノかコスプレか日常のことを書いてます。
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:しずく
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/27
Sat
 Title:仲間がいるということ。
author:しずく


眠兎ちゃんとの長電話を終え、
10時ごろ寝て
12時前に起きて、

下北沢の劇場へ向かいました。

今日は私が所属してる劇団の
本公演なのです。

私は制作スタッフとして
お手伝いしてきました。

去年の夏公演に出演して以来
全然参加してなかったから、

久しぶりにみんなに会えて
すごい楽しかった!

やっぱりこの劇団が好き。

みんなあったかい。

主宰の人柄のおかげなのか、
メンバーもスタッフさんもゲストさんも
本当にいい人たちばかりで。

こんなに心地良い人間関係の中に
身を置けて幸せだと思いました。

それに今回は、私の大好きな役者さんが
ゲスト参加されてるんですよ。

憧れの人が目の前にいて
めっちゃ動揺しました。

「ファンなんです」とか言っちゃいました。

その方のお芝居を久しぶりに
拝見できたこともすごく幸せでした。

劇場に足を運ぶと、
役者として舞台に立ってなくても

「あぁーやっぱお芝居大好きだ!」

って気持ちが溢れてきます。

もぅ役者はやらないかなぁーと
思ってたのに、

またやりたいなって気持ちになります。

それはきっと、
元々お芝居が好きだってこともあるけど、

この劇団だからまた参加したいと
思えるんだろうなって。

本番後の飲み会でも、
約1年ぶりに会ったのに
みんなして

「またやるんでしょ?待ってるよ!」
って言ってくれて。

主宰にも、
「また芝居やろうって思ったら
 いつでも連絡して。
 キャスティングするからね」

って仰って頂けて、

泣きそうな程嬉しかったです。

私なんて自分で言うのも何だけど、
役者として魅力があるわけでも
個性があるわけでも
上手いわけでもないんですよ。

それなのに復帰を待ってくれる仲間がいる
って何て幸せ者なんだろうって。

それに、受付をやってたら、
お客様に「今回は出ないんですか?」
とかお声をかけて頂いて、

何かもぅホント嬉しかったです。

飲み会の時にも、憧れの役者さんに
もぅ芝居はしてないって話をしたら、

「もったいない!一緒にやろうよ」
って肩を叩かれて、

うわぁーやりたい!
また芝居したい!

ってすごく思いました。

とりあえず私は生活環境が落ち着かないと
芝居やりたくてもやれないので、

早く引っ越して生活を安定させたい。

またこの仲間の元に帰ってきたい。

スポンサーサイト
日記日記 / [ お芝居 ]
Comment
Comment Form
Name
Subject
URL

 管理者にだけ表示
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。