DEATH NOTE好きすぎな管理人のブログです。 デスノかコスプレか日常のことを書いてます。
--/--
--
 Title:スポンサーサイト
author:しずく
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/08
Wed
 Title:嫌な店。
author:しずく


火曜の漫画喫茶は、
ラスト1時間が異様に忙しくて
時間内に仕事を終えられないくらい
大変だった。

階段を何度も走って昇り降りして
息が切れそうだった。

終わってから歩くのがダルイくらい
足が疲れてた。

漫画喫茶のバイトがこんな
ハードワークだったなんて・・・

メンタル面のハードさだけで十分だ。

水曜の漫画喫茶は、
ラスト1時間前に偏頭痛が始まって、

ほっとけば治まるかと思ってたら
どんどん酷くなった。

終わる頃にはガンガン痛んで
頭が割れそう。

帰りの電車の中で隣に立ってた人に
「大丈夫ですか?」と
心配されるくらい
立ってるのもやっとな状態。

気力のみで家まで着いて、
薬を飲んで着替えもせずに
そのまま横になって、

いつもなら1時間も寝てれば
痛みが治まるのに、

今回は大して痛みが引かず
いつまで経ってもズキズキ痛い。

仕方なく2時間半後に
もう1度薬を飲む。

最初に飲んだ奴より強力なやつ。

こんなに立て続けに飲んだら
ダメなことは分かってたんだけど、

どうにも痛みが引かないからやむを得ず。

それでも状態は変わらないから
もう寝ることに。

ホントは、偏頭痛が始まる予兆を
感じたらその時に薬を飲まなきゃ
ダメなんだよね。

でもいつも、まぁ大丈夫だろうと
放置して結局は吐くほど痛くなる。

偏頭痛だの花粉症だの、
いらないモノばかり備わってて
煩わしい。

今回の偏頭痛の原因は不明だけど、
きっとあの店の空気の悪さのせいだ。

偏頭痛持ちじゃなくても
いるだけで頭痛くなるあの店。

あまりの痛さにその日あった
嫌な出来事も全て流せたから
それはそれで良かったけど。
03/01
Wed
 Title:ハプニングその2。
author:しずく


女性のお客さん同士が、
喧嘩してるんです。

ただの口喧嘩程度ならいいんですが、
物を投げ合って奇声を発して
尋常じゃない雰囲気なんです。

元々先に入店していた女性客がいて、
その10分後くらいに

「さっき女の子が来たでしょ?」
と別の女性客が来たんです。

顔はきれいなのに物凄く高圧的な
態度と喋り方をする女性で、

私の中では「お嬢」と命名されたんですが、
そのお嬢と先に入店した女性が
喧嘩してるんです。

まず、お嬢の入店した時の態度が
あまりにも高圧的だったので、

よく分からないけど悪いのはきっとお嬢だ、
とスタッフ全員が
変な確信を持ってました。

お嬢が来た時の態度はこんな感じ。

嬢「さっき女の子が来たでしょ?」

私「女性の方は何人もいらっしゃいますので、
  どなたのことかは分かりかねます」

嬢「どうして分からないの!?
  名前とか聞いてないの!?」

私「当店では特に聞いておりません」

嬢「じゃぁどうやってあの子の席を
  調べればいいの!?」

私「お客様同士でご確認下さい」

嬢「フンッ!(携帯で友人に電話)」

嬢「○○○番の隣の席にして」

私「○○○番の両隣は空いていません」

嬢「じゃぁどこなら空いてるのよ!」

私「…。○○○番の近くの席はどこも
  空いておりません」

嬢「じゃぁどこでもいいから早くしてよ!
  あと領収書ちょうだい!」

私「領収書はお帰りの際にしか
  発行できません」

嬢「必ずちょうだいよ!忘れないでよ!!」


こんな調子だったんです。

何様だと思いながらやり過ごしてたら、
入店して10分後くらいに
「ギャー!」という悲鳴が。

どうやらお嬢が友人の席へ行って、
そこで喧嘩してるんです。

ただ事じゃない感じだったので
様子を見に行ったら、

丁度お嬢が自分の席へ
戻ろうとしてて、

とりあえず喧嘩が終わったんなら
それでいいやと思ってたんです。

でも10分おきくらいに
大きな物音や怒鳴り声が
聞こえてくるんですよ。

女性同士の喧嘩とは思えない
バイオレンス加減。

超ー嫌だけど、注意してくるかと思って
2人の元へ向かおうとしたら、

お嬢が「ちょっと外出してくる」と
外へ出て行きました。

スタッフ全員が、
このまま帰ってこないでくれ
と願いました。

この時はまだ、
きっとお嬢が一方的に悪くて、
友人は被害者だと思っていました。

が。

お嬢が出て行ったすぐ後、

友人の方が物凄い大声で
怒鳴り散らしてるんです。

他のお客さんが「何事だ」と
ブースから出てくるくらいの声で。

もー勘弁してくれ、お前もか。

と思いつつ様子を見に行くと、
自分のブースの中で
1人で叫んでたみたいなんです。

その後は大人しくしてたので、
よっぽどお嬢に対して
ムカツイてるんだろうなと。

ここで注意なんかしたら
更に事態は悪化するんだろうな
というのが目に見えて分かったので、

とりあえず放っておきました。

で、私たち早番スタッフの上がり時間
5分前くらいになって、

このまま無事に上がれそうだね、
なんて話してたら、

お嬢お戻り。

真っ先に友人の元へ向かうお嬢。

そして聞こえてくる怒鳴り声と物音。

物音に加えて、
「バシーン!」と
明らかに引っ叩いた音が2発。

あぁ、もうホントめんどくさい、
注意するしかないじゃん、と
嫌々2人の元へ向かおうとしたら、

お嬢が「帰ります!!」とレジへ。

なぜか手から流血してるお嬢。

来た時はきれいに髪を結んでたのに、
ほどけてボロボロになってるお嬢。

そんなに凄まじい闘いだったのかと、
内心、注意しに行かなくて良かったと
思いました。

大抵、どんな客にも注意できるんだけど、
この2人はちょっと別。

ホント怖かった。

目が合っただけで殴られそうな
非常に緊迫したムードが
漂ってました。

そして声をかけようものなら
間違いなくとばっちりを
受けてたと思います。

女性に対して、
こんなに「怖い」と感じたのは初めて。

なぜ流血してるんですか。

その後、友人の方も退店して、
これでやっと安心して帰れるね、

と同じ早番スタッフと胸をなでおろし、
帰り支度を済ませて
エレベーターを待ってたんです。

そしたらエレベーターの中から
出てくるお嬢と友人。

お嬢は誰かに携帯で、

「一応仲直りしました。
 外に出て喧嘩してたら
 通行人に止められて、
 それで一応和解しました。

 でもこの先どうなるかは
 分かりません」と。

絶対またやるよと思いつつ、
後は遅番スタッフに任せて
私たちは帰りました。

ホント怖かったんですよ。

2人とも超ヒステリックになってて、
壁をガンガン蹴ったり
物をぶつけたり
大声で怒鳴ったり
誰も手を付けられない状態。

その状態が長く続くんじゃなくて、
1回1回は2分くらいで終わるんだけど、

10分おきくらいにやるから
その度に
「あぁそろそろ注意しなきゃダメか・・・」
と胃が痛くなりました。

どうしてうちの店は
問題ある人ばかりが来るんでしょう。

そして女性同士の本気喧嘩が
あんなに怖いものだとは思いませんでした。

今日はホント疲れた。

明日はどうか平穏でありますように。

03/01
Wed
 Title:ハプニングその1。
author:しずく


今日はハプニング続きでした・・・

まず、バイト仲間のMちゃんが
救急車で運ばれました。

外の非常階段で滑って頭を強打し、
危険な状態だったので
救急車を呼んだんです。

私たちスタッフは、各階を移動する時
エレベーターは一切使いません。

外の非常階段で昇り降りするんですが、
この階段、上に屋根は付いてるものの
雨が降るとびしょぬれで
非常に滑りやすくなります。

その上、私とMちゃんは仕事中
スリッパに履き替えて動いてる為
余計に滑りやすい。

ちょうど私が休憩時間で
バックルームにいた時に
Mちゃんが足を滑らせたらしく、

その時レジに入ってたSくんによると

「ドーン!!」と物凄い音がして
慌てて階段を見に行ったら、

Mちゃんが踊り場で倒れてたそうです。

Mちゃんは転んだ瞬間のことを
全く覚えていなくて、

気が付いたら倒れていたらしく、

「頭が痛い!!」と泣きながら
バックルームに駆け込んできました。

部屋に入るなり倒れこんで
頭を抱えるMちゃんに
何事かと聞いても、

まだ意識がはっきりしてないみたいで
ひたすら「頭が、頭が」と言っているので

Mちゃんが手で押さえてる後頭部を
触ってみたら、

びっくりする程大きなたんこぶが。

頭を打って2~3分しか経ってないのに
ものすごく後頭部が腫れ上がってるんです。

Mちゃんははっきり喋れるようになって
意識もしっかりしてきたんだけど、

とにかく頭と首が痛くて動けない
と言うので、119番へ。

救急隊員に運ばれていくMちゃん。

「誰か付き添って下さい」
と言われたので私が一緒に救急車に。

救急車の中では、普通に喋ったり
笑ったりしてたから大丈夫かなと
思ってはいたんだけど、

隊員の人が
「検査をしてみないと何とも言えない」
と言うので、

一気に不安になりました。

病院に着いて、
Mちゃんが検査を受けてる間
ロビーで1人待っていましたが、

もしも打ち所が悪かったら、とか、
嫌なことばかりが頭をよぎりました。

誰かに付き添って
救急車で病院に行って、

検査結果が出るまで
1人でロビーで待っているという状態が
初めてだったもので、

しかも同じバイト仲間の、
1番仲がいいMちゃんのことだったので、

不安で不安で溜まりませんでした。

そして1時間ほどして、

「お連れの方ですか?
 もう大丈夫ですよ」

と声をかけられ、

物凄くホッとしました。

特に異常は見られないから、
今日は家で安静にして、
もし何か変化があったら
すぐ病院に来て下さいとのことでした。

Mちゃんはタクシーでそのまま家へ。

私は途中で降ろしてもらって
バイト先へ戻りました。

本当に異常がなくて良かった。
泣きそうでした。

こういう経験は
もうしたくないですね。


で、気持ちを切り替えて
また仕事に戻ったんですが、

戻った矢先にまたハプニング・・・
02/22
Wed
 Title:もぅ無理だから。
author:しずく


今日も漫画喫茶。

今日は天気もいいし~。

お店もちょっと暇だし~。

一緒に入ってるドS女芸人のSちゃんは
話面白いし~。

結構いい感じの1日かも~。


なーんて思ってたんですが。

この店で「いい1日」なんて
過ごせるわけがなかった。

200602221937000.jpg

ハイ、これ。

写真じゃそこまで酷く
見えないかもしれないけど、

稀に見るほどの汚さ。

写ってないけど、
机の上にも同じくらいのゴミが。

ちょっと床のゴミだけ
集めてみました。

200602221940000.jpg

化粧品や薬の空箱、
使いかけの化粧品、
食べかけの肉まんとおにぎり、
レシート、
紙袋、
ティッシュ(しかも濡れてる)
綿棒、
チラシ、
お菓子の袋、
謎の小瓶、

その他20種類くらい
ゴミがありました。

そしてそのゴミの下に
うちの雑誌が3冊。

表紙は破れかぶれ。

何とかゴミを全部片付けたら、

床一面に
ラメ、
粉々に砕けたファンデーション、
零れたジュース、
ご飯粒、
肉まんの中身。


あのね、
本当に、今年に入ってから
負の感情を抱かないよう、
負の言葉を発しないよう
我慢してきたんですよ。

でもね、
今日はどうしても
この言葉を発せずにはいられなかった。



死ねばいいのに。



いるだけで人に迷惑かけてんだから
死ねばいいよ。

どうやったらこんな風になるの?

あんたこのブースの
どこに座ってたの?

あんたもゴミなの?

もぅゴミと一緒に廃棄されればいいのに。


あとねぇ、
ギャル2人が大量にマンガを
ブースに持ち込んでたから、

精算の時に
「マンガは返却して頂けましたか?」
って聞いたら

「してないけど」

って言うから

「セルフサービスですので
 元の位置に戻してきて下さい」

って言ったら

「はぁー?めんどくせー」

とか言いながらもブースに戻っていったんですよ。

まぁ元の位置に戻してくれるなら
それでいいよと思ってたんだけど、

後で清掃に行ったら
マンガが40冊くらい山積み。

いやいやいやいや、
あんたら何しにブース戻ったの?

とりあえずやったフリする為に
レジから離れただけ?

さっきの汚いブースのギャルと一緒に
死んで来いよ。

うちの店、ギャルは出禁にしていいですか。

ギャルに偏見は持ってないけど、
うちに来るギャルの9割はこんな感じ。

早く苦労を知って
大人になって下さい。

それができないなら死ぬか
うちの店には来ないで下さい。
02/21
Tue
 Title:ニュータイプ。
author:しずく


今日は漫画喫茶のバイト。

ちょっとねぇ、
最近よく来る、怪しい客がいるんですよ。

何て言うか、すごい馴れ馴れしい。

今までも、レジの横で1時間くらい
ずーっと話しかけてくる客とか、

馴れ馴れしいと言うか
うっとーしいタイプの客は
けっこういたんですけどね。

奴は何か違うんですよ。

今までの人は、
あぁ、友達いないんだろうな、
淋しいんだろうな、
話好きなんだろうな、

って感じで、
まぁ適当に流しとけば
いいような相手だったんです。

でも奴は、
常に顔が半笑いで、

何か気味が悪いんですよ。

で、今日、
「マウスの調子が悪いから
 ブースまで見に来て」

と言われ、

狭いブースの中で
奴と2人きりになるのは
あまりに嫌だったので、

「席を変更させて頂きますので」

って言って違う席に
変わってもらったんですよ。

そしたら、

「じゃぁさ、後で俺のブースに
 顔出してよ」

と言われ、

「はっ!?特に用がない限り
 ブースにはお伺いしません」

って言ったら

「まぁ待ってるから」

と去って行ったんですよ。

こうやって書いてると、
ただのナンパじゃん?
と思われるかもしれませんが、

そういう感じじゃないの。

ホントに気味が悪いの。

で、私が休憩中に
バックルームで休んでたら、

いきなりそこに入ってきて

「一緒にお菓子食べようよ」

とか言ってくるんですよ。


はぁーーーーー!?


「STAFF ONLY」って札が
かかってんだろ。

何で当たり前のように入ってくるの?

怖い怖い怖い。

ホント、クスリでもやってんじゃない?
って感じの目つきと喋り方なの。

怖いよーーーー。

他のスタッフも同じような被害に
遭ってるらしい。

まぢで勘弁して下さい。

近寄らないで下さい。

新しいタイプの嫌な客だ。

会いたくないよぉーーーー。
Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。